スポンサーリンク

はれのひ騒動・救済について

こんにちは、

今日も全力スマイルふらちゃんです。

といっても、いまは、すごく悲しみと静かな怒りに震えています。

本当は、成人の日、

成人式の日のことを思い出して、

明るく輝かしい未来を、たくさんの方に祝っていただいたこと、

いまは自分自身がそれを新成人の方につたえてあげたい、と思っており、

そんな気分で、ちょっと先輩ぶって社会人の先輩ぶって、

でもいっしょに未来を作っていこうね、なんてブログを書きたく、

途中まで書いていました。。。。

そんななか、

ふとツイッターで

『はれのひ』という業者さんでお願いしていたのに、業者さんまだ現れないなう。。

なんて、投稿を目にして、そこから、お着物こない、誰もいない、どうしよう、

成人式間に合わない、何が起きてるかわからない、というまさかの連鎖。。

そんな投稿をたくさん目にするようになって、

まさかと思っていましたが、成人の日、まさにたくさんの新成人の方の晴れの日に

最悪の出来事。

以前、旅行会社のニュースもありましたが、

やはり、誰かの笑顔を奪ってしまうようなそんなことは、悲しすぎるのです。

色々な方の投稿を拝見していると、

泣き崩れた本人を目の前に、助けを求めるご家族、友人の姿や、

事態に気づいた会場関係者の方などによる手助け、

代々伝わる着物を失ってしまった喪失感や、

悲しいのは当の本人なのに借りた着物を失ったと謝罪する姿に悲しむ親族、友人の心、

娘さんのためにと準備をしたご自身を責める親心、

もぅ、悲しい、悔しい、それ以外に出てくる言葉もありません。

もちろん、なんとか間に合ったという喜びや安堵の笑顔もありました。

でも、

曇った気持ちのまま、今を過ごしている方がいることも

また真実です。

家族愛や、自分が成人することへの自立心、

強い意志、成人することへのちょっとした憧れ、背伸び心、

女性にとっては普段なかなか着用する機会のない着物、という晴れ姿。

日本人ならではのお着物、振袖、本当に晴れ姿。

レンタルするお着物を選びに選んで、当日着付けてもらうのを心待ちに予約していた心。

購入して、当日まで大事に保管してくれていると思って安心していた心。

代々受け継いで きたお着物を預けるという信頼していた家族の心。

レンタルできなかった、成人式に出られなかった、

着たかったお洋服を着られなかった、というだけでなく、

それ以上のストーリーがあって、それぞれの背景、想いがあること。

想像しただけで涙が出てきます。

かくいう私自身、成人式にまつわる、毎年思い出すエピソードがあり、

当日に出会った美容師さんとは、いまでも家族ぐるみのお付き合いをさせていただいています。

成人式の当日に起きた悲しい出来事を、

悲しい思い出のままにしないように、

多くの企業さんや、行政が動いていると耳にします。

私自身も

小規模展開・地域限定になると思いますが、

何かできることがあるのでは、と、

いま熟考しているところです。

具体的には、お着物や小物の無料貸し出しができたらと

検討中です。

新成人の方々が描く明るい未来や、社会への理想を、

希望をそのままに、もっともっと明るい世界にしてほしいと思います。

なお、この件に関して、少し先のことを考えると、

おそらく、卒業式のお着物や袴のレンタルに関しても

同様にお困りの方が出てくる可能性があり、

先手を打つすべがある方は、少しはやめに行動していただけるように

呼びかけられたらと思います。

今日も誰かの笑顔に寄り添えますように。

毎日が史上最高!

May god Prosper you!

プラスパー代表取締役社長ふらちゃん

スポンサーリンク
1
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。