スポンサーリンク

原題COCO♪ディズニー映画リメンバー・ミー♪4DXで号泣です☆

こんにちは、

今日も全力スマイルふらちゃんです。

それは時を越えて家族をつなぐ、奇跡の歌。

リメンバー・ミー 公式HPより

ディズニー・ピクサーが贈る映画、リメンバーミー、観に行ってきました☆

4DX2Dでアニメ、どんな感じか興味もあったので、

せっかくならリメンバー・ミーでデビューしたくて、

4DXでアニメを観てみるという冒険に出ました。

公式HPはこちらです☆

いつものオープニングから、

もぅ異国のリズムとあふれる心地よいメロディ、

カラフルな映像、に一気にリメンバー・ミーの世界観に引き込まれてしまいました。

ホネホネの独特な死者の国のシーンになっても、

全然違和感ないし、

おどろおどろしさもないし、

不思議な生き物や

不思議な世界観が、このなかでは輝いていて、

むしろかわいくってきれいで、

ものすごい異国の世界に入り込んでしまって、

ストーリーの中で、

ミゲルのいる生きる世界と、

死者の国の切り替えも、すごくわかりやすくて、

何にも違和感ない、

それに大事なことが何かを伝えてくれるメッセージ性がとにかく一貫しているから、

ミゲルと一緒に、一生懸命音楽をやりたい気持ちと、

音楽を続けるための道を模索して、

ミゲルの将来を応援する応援団になった気持ちで

ミゲルのことを応援しちゃってる自分がいました。

ストーリーの内容は多くを語れないのですが、

家族の物語とミゲルの夢、

ヘクターをはじめ、みんなのそれぞれが背負ってきたものや大事にしているもの、

それぞれの物語がミゲルの想いと、家族の絆、それをつないで、

どんどん広がっていく、

そんな物語でした。

ミゲルの成長物語だけじゃなくて、

家族のきずなを試す物語でもあり、

夢追う少年の成長物語でもある、

子供だけじゃなくて、大人も、自分自身の姿を見つめなおして、

自分にとっての大事なものをしっかりと抱きしめながら、

家族をおもう気持ち、

幸せになろうとする気持ちを

大事に大事に守り続ける、そんな物語でした。

不思議な世界観と、ファンタジーの世界観に引き込まれて

夢心地になっておわってしまうのではなく

ちゃんと大事なものをずどん、と心に残してくれる、

そんな映画でした。

個人的には、もぅ エルネスト・デラクルスのライブ映像、

ひたすら観たい感じもしたんですが、

ミゲルとヘクターの

ウン・ポコ・ロコが笑顔にしてくれすぎて、

藤木直人さんと、石橋陽彩くんの歌声に、

踊りだしちゃいます☆

松雪泰子さんも、

声もやっぱり色っぽい☆

吹き替えをまず見ようと思ったきっかけでもある松雪泰子さん、

以前、色っぽい松雪泰子さんについて語った映画、

鋼の錬金術師については

こちらをごらんください☆

強い家族を守りたい、っていうママ・イメルダがここにいました。

演技しても声だけでも歌っても色気大放出、ってどういうことなんだろう。

藤木直人さん、ちょっと頼りないけど優しい、そんなヘクターにぴったりで、

歌声は、藤木さんはヘクターが藤木さんで、藤木さんがヘクターでしたね、

優しい表情と温かさがにじみ出てました。

そして、圧巻の石橋陽彩くん、

すごいな、この子。。ってミゲルくんって呼びそうになっちゃうくらい、

吹き替えだなんて思えないくらい、まさにミゲル君でしたね。

アニメーションで見るママ・ココ、

原題 COCO っていうのがすごくあふれるほど、

ママ・ココ、という繊細なひいおばあちゃんの表情と声、に涙が溢れました。

邦題のリメンバーミー、のタイトルに入った想いの深さも、感じてグッときました。

チャンスをつかめ!!!!

エルネスト・デラクルス 

良いこと言ってるんだけどなぁ。。。

家族も夢も、そこにつなげる想いも、

自分がなんのために、生きるのか、

何を残せるのか、そんな壮大なテーマがあり、その中で何をつかむか。

忘れちゃいけないことを、心にとどめてくれる、

そんな映画、ありがとうございました。

今日も誰かの笑顔に寄り添えますように。

毎日が史上最高!

May god Prosper you!

プラスパー代表取締役社長 ふらちゃん

スポンサーリンク
1
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。