スポンサーリンク

ジョシュジョシュジョシュ!!!

こんにちは、

今日も全力スマイルふらちゃんです。

今日はたまたまHuluで見つけて、

タイトルとキャストさんから迷わず観た映画。

家族はじめました /Life as we know it

一気に見て、号泣しまくりましたが、なかでも心に響いた一言を。

If my ex-wife and I fought like that, we would still be worried.

かぞくはじめました Life as we know it / Sam(ジョシュ・ルーカス)

ざっくりすぎる説明をすると、

ホリー(Katherine Heigl)とメッサー(Josh Duhamel)、お互いに全然意識しあってなかった二人(むしろいがみあってた)が、お互いの親友夫婦の悲しい死から、残された子供の後継人となり、子育てに奮闘する中で愛を見つけていくストーリー。(ふらちゃんの個人的要約)

2010年アメリカ公開ですが、2011年に日本上映予定が公開中止になり、その後映像化されて発売されていたようです。

グレイズアナトミーシリーズや数々の映画で活躍している彼女、キャサリンの笑顔が大好きですが、この映画の存在はまったく知らなかった!!!!

ジョシュデュアメルとジョシュルーカス、

実はキャサリンのダーリンの名前も確かジョシュさん。

っていう情報はさておき。

本編の内容にぐっときました。

子役ちゃんのかわいさはもちろん、ものすごいシンプルなエッセンスがぎゅぎゅぎゅ。

手探りでの子育て、同居生活、仕事との両立、出世と家族のバランス、

一から作り上げていく描写が本当にテンポがよくて

それだけじゃなくて、繊細な部分とか子供中心にどんどん振り回されていく姿、

たとえ形が世間一般的な夫婦じゃなくても、

途中から本気で子供のことを考えて、大事に育てて守ろうとする保護者の姿に見えて。

けど、やっぱりメッサーもホリーも一人の人間で、

夢があって、仕事に生きがいや希望がある。

もちろん、子供を愛しているけど、突然の出来事にとまどっているなかで

立ち止まれないからこそ、逃げ出せない今の状況を嘆きたくなる。

けど、大人としての責任感もある。

なにより、愛にあふれてる。投げ出したくても投げ出さない、

今いる環境のなかでどうしたらいいのかを必死にもがいて探してる。

そんな二人だからこそ、共感するし応援するし、

あぁぁぁぁぁぁぁ、、、、、と引き込まれていく。

で、二人は一気に家族になるわけじゃなくて、

形は家族だけど、別の形で愛を探してる。

そこで現れる憧れの人小児科ドクターSam。

サム(Josh Lucas), 色気は断然メッサーかもだけど(←個人的好みの問題。笑)、

憧れで理想の人で、デートもおしゃれで、頼りになる。

かっこいいし、大人の雰囲気だし、この方と一緒にいたいなって思うのもわかる。

なにより小児科医で、子育て初めてのホリーにとっては心強い(←そこか??)。

仕事のことやいろんな展開の中、一夜をともにしたり、お似合いな二人になってきて、

親友夫婦と自分たちは違うって気づけて、本物の家族に近づけそうになったタイミングで、またもすれちがうメッサーとホリー。

もぅこの時点でどうやったって二人はひかれあってるのに、すれ違って本音を言ってこなかったせいで、パーティの中で大喧嘩に発展。

その喧嘩をみんなが見ていて、もぅ切ない以外の何物でもない。。

メッサーがホリーに愛の言葉を残し、べびちゃんをハグしてキスして出ていく姿に涙。

出て行ってしまったあとの気まずい空気を打ち消すかのように

Eat Now!!!!!! また涙。

ホリーのEat NOW!!!!でなんとかパーティは再開しますが、、

終わったあとに、サムとリスタートを試みるホリーにサムがこの言葉を残します。

サムにしか言えない(サムさん、バツイチさん)、この一言がグッときすぎて。。

そして、この一言で、、

あぁ、家族って何だろう?って。。。

一緒にいて居心地良いことや、楽しいこと。ずっと笑顔でいられること。

もちろんそれって理想。

憧れの相手で、自分の理想な相手で、例えばルックス的にもきゅんきゅんするような相手だったらなおさら最高!!!!

理想はたかく!!!!!!もちろんそうだ!

でも理想を追う中で、そこに追加しなきゃいけない項目があることに気づかされる。

笑顔でいつもいたいからこそ、

目をつぶってはいけないんじゃないかなって思うところ。

気を使わない相手、それだけじゃなくて、

ずーーーっと一緒に居続けるには時には本音をまるごとぶつけたり、

お互いに隠したい部分をさらけ出さざるを得ない環境に陥ったり、

それでもお互いに笑って許せたり、

理解しづらい相手のバックボーンや背景もまるごと受け止めて、

自分自身も受け止めてもらうこと。

本気でぶつかってけんかして、喧嘩だけじゃなくてとことん話し合って、

相手に自分の想いが届かないと苦しくなったりもどかしくなったり、

そういう関係じゃないと続かないことがあるのかもしれないな。って。

自分の感情をさらけ出せる環境、ありますか??

今日も誰かの笑顔に寄り添えますように。

毎日が史上最高!

May god Prosper you!

プラスパー代表取締役社長 ふらちゃん

スポンサーリンク
1
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。