スポンサーリンク

黒柳徹子さん

こんにちは、

今日も全力スマイルふらちゃんです。

人の不幸は相手を疑うことから始まると思うの。
だからわたしね、一度信じた人は疑わない。
信頼こそが幸せの元だもの。

トットちゃん 第55話(第11週) 黒柳徹子(清野菜名)]

トットちゃん、HPはこちら。

最高のドラマ、と勝手にたくさんの方におすすめしてるドラマ、
トットちゃんからのひとことです。

朝ドラ:わろてんか と同じ時期に始まったこのドラマ。
わろてんかはそうそうに脱落してしまったのですが、
このドラマだけは、どんどんどんどんはまっていく。

つぎがどうなっていくのか、

次はどんなキャストさんが登場するのか、
どんな華麗なる交遊録が飛び出るのか、
どんな風に展開していくのか、

展開のスピーディさだけでなく、

そして、このドラマが、終わってしまうことに、寂しさを覚えています。

そして、このドラマ、終わりが来るのは当たり前なのに、
なんだか勝手にずっと続くかもって勘違いしてました。

テンポといい、キャスト陣といい、本当に最高で、
松下奈緒さんと山本耕史さんの夫婦役はもちろん、
高岡早紀さん、佐藤B作さん、竹中直人さん、横山歩くん、岩崎ひろみさん、神保悟志さん、浅野ゆう子さんも、里見浩太朗さん、遠藤雅弥さん、言い始めたらきりがない。
例えば登場が一瞬でも皆さん、がっと空気をつかんでくる。
個人的にはもぅディーンフジオカさんの使い捨て感にぐっときましたね、
知名度とか関係ないのよ、適任かそうじゃないか。
だから、いい。

例えば、野際陽子さん役で、娘さん真瀬樹里さんが出ていらっしゃるのですが
登場した瞬間から似てるってこういうことなのかと。
何が似てるとかじゃなくて、遺伝子ってすごいなって、
こういう風に似て役として生きるのかと思いました。

この回にも、
野際陽子さんの徹子の部屋出演エピソードが盛り込まれていましたが、

『とにかく黙ってることが怖いのね』

のセリフに鳥肌が立ってしまいました。

さて、先ほどのセリフですが
徹子さんの信頼哲学、この一言だけじゃなくて、

地球の裏側にいてもわたしはあなたのことを愛してる

さらっと大好きな方に言えてた黒柳さん。
本当にこの方は、時代の先端を、時代の最先端を常にいっていた方なんだなぁ。って。

当時を詳しくわかりませんが、今ほど交通機関だって便利じゃなかったはず。
ただでさえ超絶多忙な二人が、
国境を越えて大恋愛をしている二人が、
それだけでもすごいのに、いまのような時代じゃない。

けれど、黒柳さんのストーリーを拝見すればするほど、
今でさえも、こんな風に素直に、おしゃれに、優雅に、
生活している方がどれほどいるだろうと。

小さい頃は、
世界ふしぎ発見を見るのが当たり前だったから、

やっぱり、世界ふしぎ発見のイメージが強くて、

すごく早口な博識な方、
誰よりも世界のことに詳しい方、そんなイメージ。
あとはやっぱり、パンダの方。

窓際のトットちゃんという言葉や本の存在については
聞いたことがあったのだけれど、
手に取ることなく今に至ります。

もったいない。
もったいなすぎた。

トットちゃん、ドラマを夢中で見続けてますが、

小さい頃から、ご両親だけじゃなくて
時代の最先端をいく環境で、
愛に多くを捧げたご両親に、自由にのびのび育てられた。

学校を追放されちゃったり、疎開も経験しているけど、
全てに感謝して、ちゃんとすべてのタイミングで最高の選択をしていて、
なによりも本当に常に前を向いているし、
常に自分を見失ってない、

のびのびとしていることだけじゃなくて、
徹子さんなりの正義だったり、愛だったり、
理由があって、

それはどうやってはぐくまれたかって、
やっぱり環境だったり、出会いのタイミングもあるかもしれないけれど、
それだけじゃなくて、
もぅ、本当に選ばれた方なんだなぁと。

独特の感性と、家族の形、ご両親の姿、教育方針、すべてが黒柳徹子さんという方を作り、

黒柳徹子さんはそれに対して、
ぶれない強さを持っている。

おかしなことをおかしいと言い、

素敵なものを素敵とほめる、

好きなものに好きといい、
自分の感性を隠すことをせずに、自分のことをちゃんと大事にしている。

時代も読めていたんだと思う、

結婚をしないと決めた意志の強さもぶれずに

それでもそれは我慢しているとかではなくて、

自分自身をわかり、相手も自分の仕事も大事にしているのがわかる。

周囲への気配りをとことんなさるし、
人とのつながりや、人との出会いを一つ一つか大事にしてきた方なのかなぁ、と。
別れも、自分の身の振り方も、すべてを
感性の豊かさとしなやかさで、経験として次につなげ、今につなげている方なのかなぁと。

バラエティや、徹子の部屋(最近だと、物まねとか徹子の部屋でのハプニングなどが注目され、そのイメージが強かったです)、
それだけだとわからない。。

やっぱり人に歴史ありですね。

今の時代に、トットちゃんをドラマでやること、
すごいなぁ、と思いながら、
お昼の帯番組じゃもったいないくらいの熱量と内容のドラマで、
何度涙したか分からない、
本当にすてきなドラマです、

まだまだ続いてほしいけど、
残念ながら今週でお別れです。

愛にあふれていて、

本当におしゃれで

言葉遣いがとても素敵、
常に自分を持っていて、自分を失わず、
誰にも愛を届け続けてきた黒柳徹子さん、

もっともっと知りたくなりました。

これからもずっと長生きして、私たちに情報の発信をしていただきたいなと思いました。

あと、徹子の部屋、録画リストに入れた。笑

ましゃ兄さん、福山雅治さんの主題歌『トモエ学園』も

素敵な曲です。

誰かを信じると決めたら、
ぶれずに信じる自分になろう、と、
そして、信じられる自分でいようと。
そうだ、それが幸せの、笑顔の元!!!!!!

今日も誰かの笑顔に寄り添えますように。

毎日が史上最高!

May god Prosper you!

プラスパー代表取締役社長 ふらちゃん

スポンサーリンク
1
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。