スポンサーリンク

日テレのドラマ、anone, 静寂の中の灼熱感から抜け出せない。

こんにちは、

今日も全力スマイルふらちゃんです。

なにもかも、うまく行き続けることを願っています。

anone /辻沢ハリカ(広瀬すず)

あのね、HPはこちらだよ。

このドラマは、生きることの意味とは?
人が生きる上でほんとうに大切なものはなにか?
を人々に問いかけ、真実の人間愛を見つけていく物語です。

HPより抜粋させていただきました。

人間愛、大きなテーマだなぁ、と思いつつ、

大好きな透明感のかたまりのような広瀬すずちゃん主演ドラマ、

火野正平さんや、小林聡美さん、あんどうさく江口のりこさんが出ると聞いて、

日本テレビの水曜10時に繰り出す、坂元裕二さんの脚本がすごいドラマじゃないわけがない、と思い、

でも毎週毎週みるのじゃ多分物足りない、全部終わったら一気に観る!!!と決めて、

最終回終了直後から一気に拝見しました。

やっぱり、しばらくぽかーーーんてなっちゃうくらいすごいドラマでした。

自分自身が何者か、

本当の自分の姿はどこにあるのか、

他人にどこまで踏み込まれて許せるか、

他人にどこには触れられたくないか、

他人と家族の境界はなんだ、一緒にいて居心地がいい人とそうじゃない人の違いはなんだ。

自分の生きる目的は何か、

自分が生きるために何が必要なのか、

自分の価値がどこにあるのか、

この世界にはなにがあるのか、

自分はこの世界に本当に存在しているのか、

嘘と、事実、伝えなくちゃいけないことと、

優しさゆえの嘘、

本当の世界、家族、

本物の家族、本物じゃない家族

何が本当で何が偽りで、

どこに幸せがあって、みんなどこに向かっているのか。

偽札、というキャッチーなキーワードを中心にめぐりながらも、

テーマはずっとお金じゃなくて、

心、大事と思うもの、家族の在り方、愛ゆえの行動、愛、

それをずっと問い続けていたドラマで、

苦しくって、切なくって、あたたかくて。

何が偽物で、何が本物か、、、、

自分の今いる場所は、本当に自分の場所なのか。

人間の記憶って嘘をつくことがあるんだよ。

anone /中世古理市(瑛太)

中世古くんにとっても、やっぱり大事なものがあって、

最後は本当に大事な心を大切に繊細な嘘で守ってあげた、

その姿に涙が止まりませんでした。

ちょっと寝ますけど、すぐ起きますから。

anone /持本舵(阿部サダヲ)

かっこいい、世界一かっこいいよ。こんないい男いない。

anone /青羽るい子(小林聡美)

このお二人の出会いから、最期まで、

なんでこんなにも究極に愛なんだろう、

どうしてこんなにもあったかいんだろう、大人になって、こんな相手に巡り合えて、

なお、どうしてこんなに切ないんだろう。。。って。

この二人のショートストーリーとか、サイドストーリーとか、もぅ永遠に観てたかった。。。

大切な想い出って、支えになると思う、お守りになると思う、居場所になると思う。

anone /辻沢ハリカ(広瀬すず)

すずちゃんが、すずちゃんだからこそ、、、がすごすぎてどうしよう。

すずちゃんの対比で、江口のりこさんが娘としての立場に葛藤して、どうやって親子を続けるか迷っている複雑な時間の長さを体現していた分、家族になるのに、時間も歴史も関係ないって思わせてくれた、、、

でもその分、温かさを失う恐怖感も、はかなさも、不安も、すずちゃんがそのまま体現していた、

その二人を、田中裕子さんがそれぞれを大きく受け止めて、

ちゃんと受け入れてた。

この二人の娘役、が、二人でいてくれて、

もっともっとたくさんのものを心に残してくれました。

22歳にしては、あんまり背のびてないね。

anone /林田亜乃音(田中裕子)

究極の母でしたね、田中裕子さん。

強い母で、誰よりも母、そんな母。

そして、一家の柱、みんなの母、誰に対しても母。

ハリカと亜乃音さん、出会うべくして出会った二人が、

もどかしくて、くすぐったくて、それでいて

あたたかい、家族を大事にするってこういうことなのかもしれないな、

何度もその姿に涙しました。

自分にかかわった人をだれ一人として傷つけない、見捨てない、

母以上の母を見せつけられて、

すべてあの目に見透かされてる気持ちになって。。。。

出所直後の帰り道に、じれったい雰囲気でそっと手をつなぐ二人に、二人が心底求め合っていたことがわかるし、

時間も血のつながりも、過去も過ちも本当に関係ないんだなって。

同じ空間で居心地よく一緒に過ごしているってこと、

その事実が家族だって、そう思う。

誰も本当の悪人じゃなくて、

生きづらいこの世の中を一生懸命生きているが故の、人生の寄り道。

寄り道しないに越したことないけど、

寄り道の大小にかかわらず、もがいてる姿は、

誰もが共感できるところだったんじゃないかなと。

全てを見終わった後に、

何かを見いだせた、これからなんだなぁ。って、

ここから始まるんだなぁ、って

じんわりじんわりと広がっていく不思議な感覚。

自分の人生と真摯に向き合って常に戦って、迷いながら、

前をむいて進んでいくしかないんだろうなって。

ここって私の家?

いつでも帰ってきていい場所?

anone /辻沢ハリカ(広瀬すず

帰れる場所があるから、頑張れる、

そんな帰れる場所、一つくらい自分の人生の中でちゃんと見つけられるかな?

あのね、って当たり前に会話が始まる。

そんな場所で、家族と笑顔でいたいな。

今日も誰かの笑顔に寄り添えますように。

毎日が史上最高!

May god Prosper you!

プラスパー代表取締役社長 ふらちゃん

スポンサーリンク
1
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。