スポンサーリンク

マフラーとお母さん、越路吹雪物語。

こんにちは、

今日も全力スマイルふらちゃんです。

やっぱりNHKの朝ドラより、

テレビ朝日が贈るドラマ劇場が大好きみたいです☆

というわけで、今日は第三週まで進んでしまいましたが、

どうしてもこのシーン、記録に残したかったので。

黒柳徹子さんに続き、

越路吹雪さんにフォーカスしてくる感じ、

主演、大地真央さん、ナレーションに真矢みきさん、

もぅ鳥肌物です。

さて、そんな楽しみすぎるドラマが始まって、

主演を演じる3人が3人(大地真央さん、瀧本美織さん、岩淵心咲ちゃん)

歌がうますぎて、それだけでもぅこれを昼のドラマで、

さらっとやるん??

そうなん???

ってエセ関西弁がでちゃうほどなのですが、

一話一話テンポもはやいのに、

だらだらもしてなくて、

ものすごいグッとくるんです。

河野家のパパ、尾美としのりさんのおおらかで多くを語らないけれども、

深い包み込むような愛、

河野家のママ、濱田マリさんのしつけという厳しさを持ちながらも、

愛情がたくさんあることが、視線の一つ一つ、口から出てくる言葉の一つ一つで伝わってくる、示すこと、許すこと、この二人が、夫婦で、病気の姉がいて、姉も妹も、それぞれがお互いを尊重して大事に思ってる、

それをパパママがさらに大きく包んでる、

環境と家族、すべてが越路吹雪さんを作ったんだなぁ、、なんて分かったつもりになってしまいます。

で、この一言。

お母さんの においだ

越路吹雪物語 第2話 / 河野美保子(岩淵心咲)

HPはこちらです。

第二話にして号泣。。。。。。。。

親子が離れ離れになるのにはいろいろな理由があると思いますが、

時代や、家族の関係を丁寧に、でも明るくわかりやすく、描いてくれたことから、

家族の距離感や、

親子の関わり、

美保子の立ち位置、お父さんとの距離、お母さんとの距離、

兄弟姉妹のそれぞれの立ち位置、

そういうものが、もう第二話にして明らかだったことから、

このシーンが来ても、

親子が離れ離れになること、

家族が二つに分離することが、すごくナチュラルな展開だったんですよね。

そこから、

濃密でいとしさあふれる美保子と、お母さん(濱田マリさん)とのシーン。

急だったから。

と、自分のセーターを毛糸にして

マフラーを美保子のために夜なべして作ったお母さん。

そして、美保子に対して、母として

伝えるべきことを伝える。

ぐっとあふれそうな涙をこらえて。

そして、それに答えるように、

しっかりとお母さんにこたえる美保子。

母の強さと、芯の強さ、それを引き継いでる美保子の強さも感じつつ、

娘として、

お母さんのそばにいたいという葛藤も伝わってきて、

思い出すだけで、

涙がでてしまう

美保子のこのセリフ。

お母さん 大好き。

越路吹雪物語 第2話 / 河野美保子(岩淵心咲)

美保子が言うからこそ、

素直に心にしみこむんだろうなぁ、と思いながら、

涙を流し続けて、

でも心がじんわりあたたくなって、

また笑顔になる。

素敵なドラマ、これからもまだまだ楽しみ!!!!!

今日も誰かの笑顔に寄り添えますように。

毎日が史上最高!

May god Prosper you!

プラスパー代表取締役社長 ふらちゃん

スポンサーリンク
1
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。